ワーク

WEBライターとブロガーの違いとは|それぞれのコンテンツの目的

  • LINEで送る

インターネット上の記事を書く仕事には「WEBライター」と「ブロガー」があります。SNSのアカウントなどを個人で持つことが多くなった昨今、WEB上に文を書くことは、誰もがおこなう一般的な行為になりました。

 

しかし、WEBで文を書いて収入を得る「WEBライター」や「ブロガー」という職業については、仕事の内容がまだあまり知られていません。ここでは、WEBライターとブロガーの違いや、それぞれの仕事の詳細を紹介します。

 

ブロガーとWEBライターは異なる職業!

 

WEBライターとブロガーは、どちらもWEBで文章を書くことによって収入を得る仕事です。おこなう作業が似ていることから、詳しい仕事内容を知らない人にとっては、同じような職業に思えてしまうものです。しかし、実際のところは、両者は異なる職業なのです。

 

ブロガーとは

ブロガーとは、自身のブログを運営し、サイト内に貼られた広告による収入を得る仕事です。サイトにアクセスした読者に広告をクリックしてもらい、その先でサービスを利用してもらうことで、初めて広告収入として、ブロガーの元に報酬が発生します。

 

ブロガーは基本的に、自身でサイトを所有し、自身の意向に沿って運営をおこなっています。記事にする内容も、ブロガー自身が自由に設定しています。サイトをどのように運営するか、そして収入を得られるかどうかもすべて自分次第です。

 

うまく広告収入を得られれば、月収数百万円というような大きな収入になる可能性もあります。しかし、広告収入を集めるためには、まずブログのアクセス数を増やさなければなりません。

 

ブログを開設した直後からアクセス数を伸ばすのは至難の業です。「頑張ってサイトを構築したのに収入が得られなかった」というケースも珍しくはありません。

 

WEBライターとは

WEBライターは、記事の執筆を求めるクライアントの依頼や、所属する企業の指示を受けて文章を書く仕事です。

 

執筆する記事の内容は自由に設定するものではなく、運営する企業の方針、クライアントの提示する意向やテーマに沿った設定をします。

 

また、記事を掲載するサイトはクライアントのものであり、運営もクライアントの担当者がおこなっています。文の書き方に対しても、クライアントの細かな指定や修正が入ります。

 

WEBライターは修正などを経て記事を完成させることで、クライアントから報酬を得ることができます。どれだけの報酬を得られるかは、基本的に事前の契約で明示されています。文を書いても収入が得られないことがあるブロガーに比べると、安定している仕事だといえます。

 

WEBライターの仕事の仕方

WEBライターの仕事は、クライアントから案件を受けることで成立します。では、WEBライターは具体的にどのようにして案件を受けるものなのでしょうか。WEBライターが仕事をしていく方法について解説します。

 

多くの企業がWEBライターを求めている

現在、オウンドメディアと呼ばれる自社メディアを使ってサービスを売り出すマーケティングが、多くの企業でおこなわれています。オウンドメディアとは、自社で所有するSNSなどの総称であり、WEBライターが書く記事を掲載するコラムサイトなども含まれます。

 

企業はオウンドメディアをとおして、ターゲットにしているユーザーが魅力的に思うコンテンツを発信します。発信したコンテンツから企業のサービスに興味を持ったユーザーを顧客として獲得するのが、オウンドメディアの目的です。

 

オウンドメディアに掲載するコラム記事を定期的に発信していくため、企業はWEBライターの人材を求めています。場合によってはWEBライターの部署を設け、求人サイトなどで募集をして雇用をおこなっていることもあります。

 

また、サイト内にWEBライターの募集フォームを設け、募集要件を見て応募があったライターに業務委託をするメディアも多く見受けられます。さらに、フリーランスライターの場合、自身から直接クライアントに営業を行うこともあります。

 

そのほか、WEBライターがよく利用するのが、クラウドソーシングです。クラウドソーシングとは、クライアントが募集している案件をまとめて、仕事を求める人に紹介をおこなう、クライアントと労働者の仲介サービスです。

 

WEBライターはクラウドソーシングのサイトで検索して条件に合う案件を探し、ネット上だけのやり取りで、仕事の受注から記事の提出までをおこなうことができます。クライアントとのコネクションや営業のノウハウを持たない場合でも、クラウドソーシングを利用することで、WEBライターとして仕事をすることができるのです。

 

今すぐにでもWEBライターになれる

WEBライターの仕事を始めるのに、特別な条件や資格は必要ありません。クラウドソーシングなどを利用して仕事を受ければ、すぐにWEBライターとして業務を始めることができます。ただし、ライティングスクールで学んでいない未経験者や初心者が挑戦する場合は、「単価が低い」というデメリットがあります

 

一方ブロガーも、収入を得るにあたりサイト構築などの準備は必要ですが、今すぐにでも仕事を始めることができます。

 

WEBライターとブロガーで目的は違うものの、どちらも仕事の中で、文章を書く能力が鍛えられる職業です。相互的なライティングスキルの向上を目指し、両方を同時に始める人も多くいます。

 

それぞれに難しい点や魅力がある

広告収入を得るブロガーと、文章を直接商品として売り出すWEBライターはそれぞれ異なる職業です。しかし、どちらもWEBに発信する文が収入につながる点は同じです。文章を書くことに興味がある人は、ライティング・ビジネスアカデミーで「高単価に繋がるライティングスキル」を身に付けて、WEBライターやブロガーの仕事を始めてみてはいかがでしょうか。

 

  • LINEで送る