ワーク

WEBライターは在宅ワークに最適!仕事をしていくためのポイント

  • LINEで送る

フルタイムで出勤することが難しい人や、帰宅後の副業として「在宅ワークをしよう」と考える人は多くいます。在宅ワークを行う場合、非常におすすめとなるのが、WEBライターの仕事です。

 

ここでは、WEBライターを在宅ワークにおすすめする理由や、WEBライターとして働いていくための知識をご紹介します。在宅ワークを考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

 

WEBライターと在宅ワークの相性は抜群!

WEBライターの仕事を始めるのに必要なものは、1台のパソコンとインターネットの環境のみです。パソコンで文章を書く技術と環境さえあれば、どこでも仕事が行えます。

 

また、在宅ワークと相性が良いという以外にも、WEBライターを始めるメリットが多数あります。ここでは、WEBライターの仕事の需要や、収入について解説をします。

 

WEBライターの需要は大きい

近年さまざまな企業が、コラムサイトなどの自社メディアの運営をおこなっています。運営をおこなっている理由は、「WEB上のメディアから自社のサービスに興味を持ち利用する」という流れを狙っているためです。一見遠回りに感じるかもしれませんが、自社メディアの運用により、広告コストを抑えて長期的な集客が可能になるメリットがあります。

 

しかし、自社メディアによる集客を成功させるには、メディアの中身になるコンテンツを継続的に発信していかなければなりません。そのコンテンツのひとつとなるのが、WEBライターが書く記事です。

 

メディア運用のために、社内外問わずWEBライターの人材を求める企業は多くあります。WEBライターをめざす人にとっては、人材の需要が大きく仕事の案件が多くある」ことがライターになるメリットのひとつです。

 

WEBライターの仕事の探し方

WEBライターは企業の求人のほか、コラムサイトなどの各メディア(媒体)のライター募集に応募することで、仕事を受けることができます。なかには、未経験可の求人も出ていますが、当然ながら経験者が優遇されるのは事実です。

 

一方で、WEBライターをこれから始める初心者がよく利用するのが、クラウドソーシングのサービスです。クラウドソーシングとは、仕事の受注の仲介をするサービスです。未経験可の案件も多く掲載されているため、ライティングの仕事に慣れていない人でも気軽に始められるのが特徴です。

 

ただし、WEBライターとして働く上で忘れてはならないのが、仕事の報酬として支払われる「文字単価」についてです。一般的に、仕事を始めたばかりのライターの報酬は一文字単価で計算されます。未経験のライターが受注できる案件は、一文字1円にもなりません。

 

少し書き慣れてきた初心者ライターが、登録型で仕事を始める場合、一文字単価0.5円、1.5円といった計算で支払われるのが一般的です。1本あたり2,000~3,000文字とした場合、報酬は1,000円~4,500円くらいになります。執筆に掛かる時間は個人差がありますが、およそ2時間~4時間ほどといったところです。

 

たとえば、一文字単価ではなく1本もしくは1案件、1~3万円の収入になるように、安定した収入を得るためには、WEBライターとして相応の実力を持つことが求められます。

 

 

WEBライターとして働いていくための知識

WEBライターは、ただ文を書けばよいだけの仕事ではありません。文章を書くにしても、仕事を受けるライターとして、気を付けたいポイントがあります。ここでは、WEBライターとして働いていくために必要な知識について解説します。

 

読みやすい文章を意識しよう

多くのWEBライターの記事に求められるのは、誰でも読みやすい文章です。日頃自分たちがWEB検索をして見ている記事に使われているのも、専門的な言葉は使わずに、日常で使用している言葉です。このようにして、WEB上の記事は、誰でも読めるような文章がほとんどです。

 

したがって、WEBライターとして記事を書く際には、普段の会話やメールで使うような言葉を使えれば十分なのです。自分の知っている言葉を論理的に並べ、簡潔に物事を説明できるスキルこそが、WEBライターに求められる文章力だといえます。

 

重要なのは「理解する力」

WEBライターにとって重要なのが、読者の知りたいことをリサーチして理解する力です。読者は基本的に、何かを知りたいという目的や困りごとを持って記事を閲覧します。

 

ほしい情報がなければ、読者は次の記事を求めて、自分の記事から離れてしまいます。「どんな人が」「どんな目的を持って」「どんなワードで検索するのか」というように記事のターゲットを考え、その読者が求めている情報をリサーチしたうえで書かなければなりません。

 

また、WEBライターが依頼を受けて書く記事は基本的に、多数の読者、つまりは依頼主の顧客を獲得することを目的としています。仕事として記事を書くのであれば、発注している依頼主が求める、意向やテーマに沿った文を書けることが求められます。

 

単価を上げるためには

読者について読み取り、わかりやすい文章を書くのは、WEBライターにとって最も基本的なスキルです。それは決して忘れてはいけないことですが、仕事の単価を上げるためには、必ず身に付けておきたいスキルがあります。

 

ひとつは、より専門的なライティングができるようになることです。たとえばWEBコンテンツにおいて重要なSEOについての知識は、本格的にライティングをしていくなら必須の知識です。また、特定のジャンルについて詳しい知識を身に付ければ、そのジャンルでより専門的な、単価の高い仕事を受けられるようになります。

 

また、単価を上げるために依頼先と交渉する、営業スキルも重要なものです。とくにフリーランスで働いていくのであれば、より良い仕事を自分から獲得していく必要があるため、営業スキルは必須のものになるでしょう。

 

加えて、ライティングを速くこなせるようになれば、1日に書ける記事数が増え、収入のアップにつながります。仕事の質は守りつつ、速く仕事をこなせるようにしましょう。

 

WEBライターでより良い在宅ワークを!

子育てや家族の介護をしながらでも継続できるところが、在宅ワークの魅力です。

 

WEBライターは技術職であるため、在宅ワークでありながら業界の需要も高くキャリアを広げていくことが可能です。未経験から始めても、執筆トレーニングを重ねていき実力を付けていけば、企業やユーザーから反応が得られる魅力的な記事がつくれます。

 

また、年齢を重ねれば重ねるほど、人生経験が増えることでライターとしても非常に有利であるといえます。経験を重ねてきたライティング技術は、あなたを裏切ることはありません。

 

ぜひこの機会に、当アカデミーが開催している講座のプレセミナーを受講していただき「WEBライターと在宅ワークの親和性」を、ぜひ知ってください。

  • LINEで送る