ライティング

WEBライターになるには?!仕事を始める方法と必要なスキル

  • LINEで送る

WEBライターとは、WEBサイト上の記事や広告などの文章を書く人を指します。WEB制作などに関する仕事のひとつとして近年広く認知されてきており、「WEBライターになりたい人」「WEBライターを必要としている企業」共に、ニーズが高いのが特徴です。

 

とはいえ、WEBライターになりたいと考えているけど、「仕事の始め方がわからない」と模索している人は多くいます。今回はWEBライターになるにはどうすればよいのかなど、仕事を始める上で覚えておきたいことを解説します。

 

WEBライターになるために

WEBライターは、文章が書くことが好きな人なら誰でもチャレンジができる職業です。WEBライターになるために、特別な資格は必要ありません。執筆のトレーニングを行い、技術を身に付けることでWEBライターの仕事を始めることができます。

 

また、WEBライターの仕事を始めるには、いくつかの手段があります。ここでは、WEBライターになって仕事を始める方法について解説していきます。

 

WEBライターとして仕事を始める方法(初心者向け)

WEBライターとして仕事を始めるには、大きくわけて6つの手段があります。ここでは初心者向けに下記の3つについて、お伝えします。比較的、経験値を積むために適切であるといえます。

 

1.クラウドソーシングの活用

未経験者や初心者でも、比較的仕事を始めやすいのがクラウドソーシングの活用です。クラウドソーシングとは、仕事の依頼や受注をWEB上でおこなうことができる、仲介所のようなサービスです。

 

多くの場合、クラウドソーシングサイトへの登録は無料ですが、仕事が成約すると手数料が差し引かれるシステムになっていることがあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。

 

仕事を始める前の手順としては、自分が「書きたい」または「書けそうな」案件に申込をしてから、テストライティングを受けることになります。

 

テストライティングは、案件が変わるごとに必要になるため、日ごろからのトレーニングが重要になります。

 

2.マガジン系WEBメディアへの寄稿

WEBマガジンは、出版社や企業が紙媒体ではなく、インターネット上で展開している雑誌のことを指します。WEBマガジンといえば、以前は「紙媒体の雑誌」をWEBへ移植したものが目立ちました。

 

しかし、近年ではネット上だけで展開するWEBマガジンも多くなってきました。内容は、旅行やグルメといったテーマやコンセプトが明確に定まっているもの、あるいは、複数のテーマを敢えて混在しているものもあります。

 

定期的に更新しているケースが多く、購読者が多いのも特徴です。運営は複数の専門ライター、デザイナーが関わっています。

 

クラウドソーシングと同じく、受注前にテストライティングがあり、合格した人は仕事を受けることができます。

 

3.企業のライター求人

インディードや求人ボックスなどの求人専門サイトでは、企業が『WEBライター募集』の求人を出しています。

 

企業にWEBライターとして勤めるのは、他のどの働き方よりもスキルアップできる機会に恵まれる働き方です。しかし、多くの企業は即戦力になってくれるライティング経験者を求めているため、未経験者や初心者が応募をしても採用されるとは限りません。

 

とはいえ、完全に実力を求められるフリーライターのような経験がなくても、場合によってはイチから育成してくれる企業もあります。応募の際、求められているスキルの確認をしてみましょう。

 

WEBライターで仕事を探す(中級者以上)

ここでは、中級者以上向けの仕事の獲得法について、下記の3つの方法をお伝えします。

 

1.フリーランスエージェント会社に登録

WEBライターに限らす、フリーランスで働く人と企業とをマッチングさせる『フリーランスエージェント会社』に登録を行うこともひとつの方法です。

 

登録しているフリーランスと条件の合う企業があると、営業やコンタクトはフリーエージェント会社がすべて行ってくれます。

 

仕事内容はもちろん、賃金や就労時間などもある程度の希望を伝えておくことで、フリーランスという立ち位置でありながら、安定的に仕事の確保ができる可能性があります。

 

2.WEBサイト制作会社と業務提携を行う

多くのWEBサイト制作会社や、コンテンツマーケティング会社は自社でライターを抱えていることが少なく、外注ライターに発注をしています。受注案件数に変動がある場合が多く、また、抱えるほどのスキルを満たしたライターが少ないことも一因です。

 

そのため、ライターとして必ず必要となるスキルを磨いたうえで業務提携の提案をすると、長期的・安定的に取引ができる可能性があります。

 

3.フリーライターとして集客を行う

フリーライターとして活動を行う場合は、自分の力で集客ができるようになることが大前提です。

 

前述で紹介した企業に勤める以外は、指導を行ってくれる人がいないケースが多いため、自ずと『フリーライター』としての営業力が必要になります。

 

ライターには、企業や個人事業主の方に代って、文章を通じて集客や売上を伸ばす役目があります。つまり、自身の集客を行う力がないと、結果的に顧客のサポートを行うことも「むずかしい」といえます。

 

文章スキルのみではなく、ビジネスやマーケティングについても同時に学んでおくことで、WEBライターとしてのニーズも高まります。

 

WEBライターとして業務を受けるために必要なスキル

WEBライターとして仕事をしていくためには、さまざまなスキルが必要です。ここでは、とくに求められる場面が多いスキルについて、解説をしていきます。

 

文章の基礎力

文章を書く仕事ですので、文章力は高いほうが望ましいものです。文章の書き方に悩んでいる時間を短くできれば、記事を書き上げる時間を短縮し、同じ時間でもより多くの報酬を稼ぐことができます。

 

ライティングの初心者が、まず身に付けるべきなのが、PREP法など、論理的な文章を書くための型です。型に当てはめることで、自然な文章をスピーディに執筆することができます。また、わかりやすく内容を説明できるようにもなるため、文章のクオリティアップにもつながります。

 

必要な情報を書くスキル

仕事として文章を書いて発信する以上、嘘の情報を書くことは許されません。必要な情報を調べて正しく記事に落とし込むスキルも重要なものです。

 

記事を書く際には、その記事を読む読者がどんな情報を求めているのかを考えることが重要です。必要のない情報について書いていたり、情報が足りなかったりする場合、読者は他の記事の情報を求めてブラウザバックしてしまうでしょう。読者に疑問を残さない文章作りを心がけましょう。

 

文字単価を上げるという意味では、何種類か詳しく書けるジャンルを作るのもよいでしょう。事前知識を持って詳しく書けるジャンルがあれば専門的な内容を求める仕事で重宝されます。書ける人が限られてしまうジャンルの案件は、高い報酬も期待できます。

 

WEBやマーケティングに関する言葉を知っておこう

WEBライターはただ文章を書くだけでなく、文章によってWEBマーケティングをおこなう仕事でもあります。仕事をしていると、WEBやマーケティングに関する専門用語に触れる機会が多くあることでしょう。

 

それらの言葉の知識や、関連するスキルを身に付けておけば、仕事の話もスムーズに進めることができます。SEOライティングやオウンドメディアの構築など、WEBマーケティングに関してより高度な仕事もおこなえるようになれば、ライターとしての幅も広がります。

 

WEBライターに向いている人とは

WEBライターは誰でもまずチャレンジすることができる仕事ですが、とくに向いているとされる人には、以下のような特徴があります。当てはまる部分があれば、ぜひWEBライターの仕事にチャレンジしてみるべきです。

 

他人本位で考えられる人

WEBライターは常に読者の目線に立って、読者が記事から何を読み取ろうとしているのかを分析して記事を作らなければなりません。常に主軸にあるのは、読者が何に悩み、何を解決したいのかという問題です。

 

自分本位で伝えたい情報を好きなように並べるだけでは、読者が納得できないことが多くなってしまいます。普段会話をする中でも、聞き上手でしっかりと的確なアドバイスができる人は、WEBライターの適性が高いといえます。

 

ひとりの作業でも苦にならない人

WEBライターは、ひとりで考えて作業をする時間が非常に多い仕事です。ひとりで黙々と作業することが苦になる人には、WEBライターの仕事はつらいものかもしれません。

 

とくにフリーランスなど家で仕事をする場合、仕事のスケジュールも全て自分で管理する必要があります。ひとりで集中して作業することが苦ではなく、自己管理をして行動できる人は、WEBライターの仕事をしていくのに向いています。

 

調べることが得意な人

WEBライターは物事を調べることが非常に多い仕事です。なぜなら、一つひとつの記事に必要な情報は、一切の嘘がないように裏付けをして書かなければならないためです。

 

また、WEB記事のトレンドにもアンテナを張っておく必要があります。その時々で記事を見てもらいやすくなる文章とはどのようなものかを調べ、分析する能力は重要なものです。

 

わからないことや気になることをすぐ調べる癖があるなら、それはWEBライターの仕事で重宝されるスキルになります。

 

WEBライターになるにはまずチャレンジしてみること

WEBライターは未経験の人でも、すぐにチャレンジすることができる仕事です。

 

高収入を得るWEBライターになるには相応の努力が必要ですが、求められるスキルを理解して経験を積めば、一人前のWEBライターになることができるでしょう。文章を書くことに興味があるなら、ぜひWEBライティングの世界に足を踏み入れてみてください。

 

ライティング・ビジネスアカデミーが行っている、ライタープロ養成コースの「カリキュラム」は、未経験者や初心者ライターの人のためのカリキュラムとなっています。

 

入校して3カ月前後で、ライティング基礎力が身に付き、4カ月目にはライターとして仕事を始めることができます。

 

ライティング・ビジネスアカデミーが開催している「プレセミナー」や「スクール・講座説明会」では、「ライターのキャリアマップ」をお見せしながら、重要なことをお伝えしています。

 

ぜひ、ライティング・ビジネスアカデミーの「プレセミナー」もしくは「講座説明会」へご参加ください。

 

プレセミナー&講座説明会の日程を確認する!

電話によるお問い合わせ
052-253-9893
平日9:00~18:00
メールによるお問い合わせ

【お問い合わせフォーム】

  • LINEで送る

『セミナー&講座説明会』

WEBライターでキャリアアップをめざす女性のために『WEBライターのはたらき方や仕事の内容がわかる』『セミナ―&講座説明会』を開催しています。

【こんな方におすすめです】

★子育て中もキャリアアップしたい人

★子育てしながら続けられる仕事への転職を考えている人

★手に職をつけてキャリアアップをし続けたい人

★WEBライターに興味があるが何から始めてよいのわからず困っている人

★文章を書くことが好きでライターの仕事から始めて将来的に講師業をしたい人

★会社員からフリーランスへ転向したいが何から始めていいのかわからず困っている人

※参加者の方には、個別キャリア相談付き(無料)

今すぐ予約する