キャリア

女性のキャリアプランの考え方!子育てや家庭との両立を目指す

  • LINEで送る

女性の社会進出が進み、生涯を通じて働き続ける女性が増えました。しかし、結婚や出産を経て働き続けるのは難しいことも多いため、仕事をどのように続けていくのか悩む女性が多くいるのが現実です。

そのような女性に必要となるのが、キャリアプランです。キャリアプランがあることで、家庭と仕事とのバランスをとりながら両立を目指すことができます。

ここでは、結婚や出産を経ても働き続けたい「女性のためのキャリアプラン」について解説します。

 

女性にとってのキャリアプラン

キャリアプランは、女性が仕事を続けていく上で非常に役に立つ計画です。一方で、女性は結婚をすると、妊娠・出産といったライフステージの変化がつきものです。キャリアプランの役割と女性特有の悩みについてみていきましょう。

 

キャリアプランは将来に向けた行動計画

キャリアプランとは、自分が理想とする将来像を実現するために立てる行動計画のことです。

キャリアプランを立てる際は、自分が将来どうなりたいのかということを目標として定めます。そして、目標を実現するために必要となる経験や知識、スキルを把握して、実際の行動計画を立てます。

 

キャリアプランを持つことで、将来に向けての指針ができます。すると、自分が今何をすべきかが明確になり、日々の仕事においては、スキルアップを意識した取り組みが行えます。さらに、転職や独立を視野に入れての行動につながっていくのです。

 

また、近年の求人における面接では、個人のキャリアプランについて質問されることがあります。企業側が、個人としてどういう働き方を求めているのかを把握したいと考えているためです。

このように、キャリアプランは、自身のキャリアの指針となるだけではなく就職や転職時において、さまざまな場面で役立つ役割をします。

 

女性がキャリアプランで悩む理由

前述のとおり、キャリアプランを持つことは女性にとって非常に有益です。しかし、女性が自身のキャリアについて考える際に悩みの種となるのが、ライフステージの変化です。

 

女性には結婚に加えて、妊娠、出産といったライフステージの変化があります。
男性にも同じように結婚や育児などの転機はありますが、実際に妊娠・出産をするのは女性です。そのため、比較すると男性よりも女性の負担が大きくなるのが現実です

 

したがって、女性は、妊娠や出産を経て仕事をどういう形で続けていくのかを考えなければなりません。

 

ライフステージの変化によってどのような選択をするのかというのは、女性にとって非常に大きな問題です。家庭と仕事との両立を考え、女性はキャリアプランについて悩むことになります。しかし、今後予測できることに対しては、人生の先輩に話を聞くなどして情報を収集しておくことで、悩みに割く時間を軽減できます。

 

女性のキャリアプランで重視すること

前述のとおり、女性がキャリアプランを立てる際に直面する「女性ならではの悩み」があります。しかし、「理想的な働き方」と「訪れるかもしれない壁への対策」を重視したプランを考えることで解決の糸口となります。

 

自分にとって理想的な働き方

女性がキャリアプランを考える際は、自分にとって理想的な働き方を中長期的に考えるようにしましょう。

 

まだ「結婚」というライフステージが視野に入っていなくとも将来的に考えた場合、自分にとっての理想的な働き方とは、仕事と家庭のバランスが取れた働き方です。理想とするバランスは人によって異なります。仕事に重点を置く人もいれば、逆に家庭をより大切にしたい人もいます。

 

大切なのは、自分にとっての最も良いバランスを考えるということです。

 

また、今と同じ働き方を5年先、10年先にも継続できるかどうかを考えなければなりません。今は良くても将来的に継続ができないのであれば、現実的に継続できる働き方の選択が必要です。

 

つまり、女性のキャリアプランにおいて重要視すべき点は「長く続けられること」であり、自分自身にとって最も良いバランスの働き方を選択しましょう。

 

訪れるかもしれない壁への対策

キャリアプランを実行しているときに、さまざまな問題が起こる可能性があります。そのため、キャリアプランを考える際は、いつか訪れるかもしれない「壁」への対策を組み込んでおきます。

 

具体的には、育児との時間のバランスや夫の転勤、親の介護などのライフステージの変化のことです。相手があり、自分だけではどうすることもできない問題が起こると、キャリアプランが予定通り進まなくなります。

 

しかし、ライフステージの変化は、誰にでも起こりうることです。前述のような問題が壁となることで、キャリアプラン自体の見直しが必要なケースも大いにしてあります。「問題が起こるかもしれない」ということを前提に、いくつかの解決策を考えて準備しておくことで、キャリアプラン自体が頓挫するリスクが低くなります。

 

このように、女性のキャリアプランでは、訪れるかもしれないさまざまな壁を想定してリスク回避策を用意しておくようにしましょう。

 

女性がキャリアプランを立てる際のポイント

キャリアプランを立てる際のポイントは、「パートナーとの共有」と「見直し可能な計画」の2つです。

 

パートナーと共有する

キャリアプランを立てる際は、結婚相手であるパートナーとプランを共有します。

 

なぜなら、結婚後のキャリアプランでは、パートナーとお互いの協力が必要不可欠となるからです。自分が仕事についてどのような考えを持っているのかを相手に伝えておき、同じように相手のキャリアプランも把握しておきます。

 

互いのプランを共有しておくことで、意識の食い違いが生じることを回避します。互いのプランに出産や育児についても組み込んでおくことで、スムーズに協力しあえる体制が築けます。

定期的に見直しができるものにする

キャリアプランは定期的に見直せるものにして、軌道修正を図るようにします。

計画が長期的なものであれば、普段の生活の中でうまくいかない部分が出てくることもあるでしょう。また、予想外の出来事が起こる可能性もあります。

 

うまくいかなくなった時はすぐに計画を見直し、問題点を洗い出して軌道修正するようにします。軌道修正がうまくいかない場合は、目標自体を現実的なものに設定しなおすことも考えなければなりません。

長い計画では予定通りに進むことの方が難しいものです。確実に実現していけるよう、定期的に見直して修正を図ることが重要です。

 

キャリアプランの立て方

実際にキャリアプランを立てる際は、最終目標となるゴールを決め、到達するための計画を立てます。

 

なりたい自分(ゴール)を決める

キャリアプランを立てる際は、まずは将来的にどのようになりたいのかという理想像をゴールとして定めます。ゴールの設定は、以下の順番で考えます。

 

1.過去を振り返る

ゴールを決めるためには、自分の過去の経歴を振り返ります。どのような仕事をしてきたのか、実績や経験を振り返ることで、何を得意とするのかが見えてきます。

 

2.現状を分析する<

次に現在の自分の状況を分析します。価値観や得手不得手などを分析することで、何がしたいのかが見えてきます。

 

3.ゴールを設定する

過去と現在から自分の価値観が見いだせたら、現在の生活とのバランスを考えて、ゴールを設定します。ゴールを決める時は、自分が何を優先したいのかということを重要視します。優先順位は人によってさまざまです。自分が本当に必要とするものを優先してゴールを設定しましょう。

 

ゴールへ向けての計画を立てる

理想とする将来像をゴールとして設定できたら、以下の順番で実現のための行動計画を立てます。

 

1.必要なことを洗い出す

将来像を実現するために、必要な経験や知識、スキルなどを把握します。自分には何が足りないのか、どのような経験を積めばよいのかを考えることで、必要なものが洗い出せます。

 

2.具体的に計画を立てる

自分に必要なものが把握できたら、目標を何年後に達成するのか決め、達成年から逆算して具体的に計画を立てていきます。

具体的に計画を立てる際は、自分の生活に応じた実現可能なものを細かく設定します。生活からかけ離れた計画であると、実現自体が難しくなります。
実現可能なステップを細かく設定することで、確実に計画を実行に移せます。

 

女性のキャリアプランは自分の理想とする形を考える

男性と比べてライフイベントの多い女性は、働き続けていく上でキャリアプランを立てておくと非常に役立ちます。

キャリアプランを立てる際は、自分が理想とする働き方のバランスを考えます。自分にとってバランスの取れた働き方に沿った計画を立てておけば、結婚や出産などのライフステージの変化が訪れてもキャリアを重ねていけます。

家庭と仕事を両立する理想的な自分を実現するため、自分に合ったキャリアプランを考えてみましょう。

  • LINEで送る

『セミナー&講座説明会』

WEBライターでキャリアアップをめざす女性のために『WEBライターのはたらき方や仕事の内容がわかる』『セミナ―&講座説明会』を開催しています。

【こんな方におすすめです】

★子育て中もキャリアアップしたい人

★子育てしながら続けられる仕事への転職を考えている人

★手に職をつけてキャリアアップをし続けたい人

★WEBライターに興味があるが何から始めてよいのわからず困っている人

★文章を書くことが好きでライターの仕事から始めて将来的に講師業をしたい人

★会社員からフリーランスへ転向したいが何から始めていいのかわからず困っている人

※参加者の方には、個別キャリア相談付き(無料)

今すぐ予約する

コメントを残す

*